アカエリカイツブリ

2013年11月27日 (水)

カーリングのストーン(*^-^*)

港でもう1羽、嬉しい方がいてくれました(^O^)/

港に着いて、私はトイレに行った後、
岸壁に行くと、梅ちゃんが変なカイツブリがいると・・・(´・ω`・)エッ?

見てみると、
アカエリカツブリでした♪

Img_1317a

ちょっと顔を上げた時に撮ったのですが、
この方、すぐに顔を埋めちゃいます(・´з`・)

Img_1253a_2

カーリングのストーンみたいです(#^^#)

休憩中なのか、ただただ漂っています・・・

ようやく少し顔をあげました♪

Img_1360a

遠征した甲斐がありました(´・ω・`)

2012年6月13日 (水)

近いの、遠いの^^;

遠征では色々会えました(^_^)/

愛想良しのカッコウ♪

Img_3790a

探鳥地から車を走らせ始めたらすぐに電線にとまっているカッコウに気が付きました。
おおーー! っと車を停めるも、すぐに飛んじゃうかなと思いましたが、
いっこうに気にしていないようでした^^;
ほとんど真下です(^O^)
ちなみに次の日もこの電線にとまっていて、
数秒ですが、2羽のカッコウが並んで
カッコーーーー!!! と鳴いていました(@_@;)
どうやらカッコウたちにとって、魅力的な電線のようです=^_^=

逆にとっても遠かったのがアカエリカイツブリ(+_+)

Img_3850a

昨年は携帯電話のカメラで撮れちゃうくらいのところで繁殖していたそうです(゚д゚)!
その場所では水草が生えず、始めの頃は来ていたそうですが、
諦めてこちらの沼に移動したそうです。

Img_5118a

上空ではずーっとオオジシギがジュワジュワ言って飛び回っていました(*^_^*)
最も多いときなど4羽で競演していました♪
何枚かは撮りましたが、シルエットでした┐(´д`)┌
そんなオオジシギが早朝、電柱の上で佇んでいました( ^ω^)

Img_4766a

どうしてオオジシギって電柱のてっぺんが好きなのでしょうねぇ(*^_^*)

そしてこちらはやっぱり遠かったチュウヒ^^;

Img_5279a

牧草を刈っているトラクターの後をついて周っていました。
きっと草を刈られてネズミが出てくるのを待っていたのでしょうねぇ~(^_^)/

2012年4月14日 (土)

カイツブリ、色々♪

ここのところカイツブリに魅せられています=^_^=

こちらは本家のカイツブリ(^_^)/
Img_8783a

夏羽だとこうなります♪

Img_3544a

ハジロカイツブリになると冬羽は・・・

Img_1853a

冬羽から夏羽に換羽中・・・

Img_4531a

左の方が夏羽に近いですね(^_^)/

そして夏羽(^_^)/

Img_4981a

ハンドブックを見ると、正式には夏羽ではなく生殖羽と言うのですね♪

お次はミミカイツブリ=^_^=
まずは冬羽(非生殖羽)

Img_3459a

夏羽(生殖羽)に換羽中♪

Img_4473a

もう少しで完全に変身が終了するのですがねぇ~^^;

カンムリカイツブリ(*^_^*)
こちらは冬羽♪

Img_3452a

そして夏羽(生殖羽)に換羽中のカンムリカイツブリ(^_^)/

Img_5482a

このカンムリカイツブリももう少しで完全変身ですよね♪

最後に先日撮ったアカエリカイツブリの冬羽(非生殖羽)・・・(*^_^*)

Img_5135a

いやあ! 面白いですねぇ~♪
ミミカイツブリとカンムリカイツブリ、アカエリカイツブリの
完全に夏羽(生殖羽)になった姿をみてみたいですねぇ~=^_^=

2012年4月10日 (火)

205種=^_^=

今年になって海鳥の初見が続きました。
この日も思いがけず1羽の初見\(^o^)/

岸壁のすぐそばにヒョッコリと2羽の海鳥(@_@;)
私の記憶には無い鳥でした。

Img_5072a

だ・だれじゃぁ~アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
と慌てていると、大阪の皆さんが
『アカエリカイツブリだねぇ~♪』 と(゚д゚)!

Img_5087a

ラブリーです(*^_^*)
どうも幼鳥っぽいような・・・?

もう1羽は・・・

Img_5135a

こちらのほうがスッキリしたお顔のような(^_^)/

Img_5154a

帰ってから図鑑を見ると、こちらの方が成鳥のようです(^O^)
すると上のアカエリカイツブリは幼鳥??
図鑑では頭部に縞模様が残ると書いてありますが
縞模様と言うより、頭の黒い部分の範囲が広いようです???

なにはともあれ、撮影した鳥の数が205種となりました\(^o^)/
北海道新聞社編の北海道の野鳥に載っているのは351種。
とんでもなくレアな鳥も載っていますので351種は無理として
250種くらいはいけるのでしょうかねぇ~^^;

その他のカテゴリー

おすすめサイト ふくろう アオアシシギ アオサギ アオシギ アオジ アオダイショウ アオバト アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカハラ アカモズ アサグマダラ アジサシ アトリ アマツバメ アメリカウズラシギ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ イタチ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカガエル エゾシカ エゾシマリス エゾセンニュウ エゾビタキ エゾムシクイ エゾヤチネズミ エゾリス エトピリカ エリマキシギ オオアカゲラ オオカワラヒワ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオマシコ オオムシクイ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロワシ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラシラサギ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジバト キセキレイ キタキツネ キバシリ キビタキ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンザンマシコ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロガモ クロジ クロツグミ ケアシノスリ ケイマフリ コアオアシシギ コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コクガン コクマルカラス コケワタガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴマフアザラシ サルハマシギ シジュウカラ シジュウカラガン シノリガモ シマアオジ シマアジ シマエナガ シメ ショウドウツバメ シロカモメ シロチドリ シロハヤブサ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ セイタカシギ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タンチョウ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ ツツドリ ツバメ ツミ ツメナガセキレイ ツメナガホオジロ ツルシギ トウネン トビ トラツグミ ナキイスカ ナキウサギ ニホンカナヘビ ニュウナイスズメ ネズミ ノゴマ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハト ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメウ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ ヘラシギ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ マガモ マガン マヒワ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミシシッピアカミミガメ ミソサザイ ミツユビカモメ ミミカイツブリ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ミンク ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤギ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨーロッパフラミンゴ ルリビタキ ワシカモメ 不明 交配種 動物 撮影機材 日記・コラム・つぶやき 昆虫 映画・テレビ 書籍・雑誌 植物 野鳥 金魚 風景

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ