2013年5月 9日 (木)

Birds’s Island 天売島\(^o^)/ その5 番外編

天売島は人口366人、きっと鳥のほうが多い島です=^_^=
周囲は12km。片方は低く、片方が100m以上の断崖のため、
高低差があり、色んな鳥が滞在しやすいのかもしれません。
そして、島のほとんどが森♪
人が住んでいる場所も、各民家には畑があり、周囲は原っぱや荒地。
その点、人と鳥とが共生しやすい島なのかもしれません(^_^)/

そしてなんてったって、渡りの日本海ルートの1つ♪
なんでも今まで274種も確認されているそうです(゚д゚)!

そうそう、私が会えなかった鳥で愛護会の他の方が会えた鳥が3種。
ヒメコウテンシ、アビ、カラフトムシクイ。
45名ものメンバーのため、探鳥の列も長いのですよ。
そのため、離れた場所で見つかっても解らないのですよねぇ^^;
ちと、残念です┐(´д`)┌

天売島、鳥も多いのですが、野良猫も多いのですよ(^O^)

Img_0937a

ネコ団子状態ですなぁ~♪

ほとんどの家の玄関先でにゃんこがウツラウツラと居眠りをしていました^^;

Img_0942a

山ほどにゃんこを見ましたが、
わんこは2頭だけでしたねぇ~

Img_1703a

きっとこの島では、番犬は必要ないのでしょう(*^_^*)

ちなみに4日の9時頃に天売島に到着し、
5日の11時半で終了となりましたが、
2日間で約3万4千歩も歩いたようです^^;

3日後に疲れがとっと来ました(ーー;)

次回行った時は、何か乗り物も利用したほうがいいかなぁ・・・と思ったりして
こんなものも撮っておきました^^;

Img_1744a

まあ、歩くのが一番なんですけどねぇ~♪

航路は高速船とフェリーとどちらの方が
野鳥撮影にはいいのでしょうねぇ???
私は高速船しか乗っていないので解りません。

高速船の方が小さく撮りやすそうですが、
スピードが速い・・・(+_+)

フェリーは倍の時間が掛かるので
平気速度は高速船の半分なのでしょう。
ただし、フェリーの方が大きいので
海面から甲板までの距離があります。

どちらの方がお奨めなのでしょうねぇ(*^_^*)

ちなみにこちらは、すれ違ったフェリーです(^_^)/

Img_2373a

ぜひ、また行きたいです(^_^)/

ギンザンマシコ、カヤクグリ、ホシガラスの旭岳。
シマアオジ、ツメナガセキレイのサロベツ。
そしてバードアイランド天売島。
どこも毎年、行きたい場所ですねぇ=^_^=

これで天売島のレポートは終了でーーす(^_^)/

2011年12月19日 (月)

ケアシノスリ再び♪

先週撮ったケアシノスリの写真は
遠くて暗くて補正しても残念な写真でした^^;
そこで再度ケアシノスリに会いたいと思っていましたが
ちゃーんと待っていてくれました♪

しかし、あいかわらず遠い・・・(+_+)
何度もホバリングしては急降下を繰り返していました。
ノスリよりケアシノスリのほうが
ホバリングをすることが多いような気がしますが、どうなんでしょう??

『あ~、あそこでホバホバしているねぇ~』 って言いながら見ていましたが
ようやく少し近くに来てくれたので、撮ろうと思ったら木に留りました。

Img_3644a

うー、暗い上にまだ遠いなぁ~と思いながらもパシャパシャ。

Img_3691a

どうしてまあ、ケアシノスリが現れるときは暗いのだろうねぇ~と
みんなで話していました^^;
暗いほうが活動的になるのでしょうかねぇ?

おまけ。
お昼寝中の親子猫(*^_^*)

Img_3585a

手前が子猫です。解りますか~?
そしてその子猫♪
昼寝を邪魔されたと、怒っています・・・  すまん・・・<(_ _)>

Img_3586a


↓ポチッてくださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

2011年10月24日 (月)

アメリカヒドリと捨てられた猫

今日の記事はハマーさん、Simcoさんのブログ
北の野鳥Page と、勝手に連動です。

先週にアメリカヒドリが来ていると聞いていましたので、
お昼休みに東屯田遊水地に寄ってみました♪
昨日、ハマーさんも撮られていたアメリカヒドリが今日もいてくれました\(^o^)/

Img_9622a

白っぽいのがいるなぁ~と思って、望遠で覗くと
おおっ!! これがそうだーー!!! と(^O^)
しかし、沼の真ん中でお食事中で、どうにも遠い・・・
曇り空で遠く、色がはっきり出なかったので判り難いのですが
交雑種のようでもあります。

Img_9634a

お願いだから近くに来てくれぇ~と、しばし待ちましたが
どうやら美味しい水草があるようで、お食事に夢中です┐(´д`)┌
残念ながら時間切れとなり、泣く泣く沼を去りました。
明日、明後日と天気が崩れるようですが、
日曜までいてくれるでしょうかねぇ・・・
今度の週末は天気が良さそうなので期待したいです(^_^)/

さて、北の野鳥Pageに詳しく経緯が書かれていますが、
捨てられ、ここを住処としている猫・・・
先週は看板と家しかありませんでしたが、
今日はいました。

Img_9551a

猫の種類は私は判りませんが、綺麗な毛並みの猫です。
私がそばに行っても、警戒することなく
まるで瞑想をしているかのようにじっとしています。
間違いなくどこかで飼われていたのでしょう。

Img_9554a

Simcoさんのブログによると、保護するにも色々な決まり事があるみたいで
簡単にはいかないようです。

癒しブームで(ブームということ自体がわたしゃ嫌いです・・・)
ペットを飼う人が増えていると・・・
しかし、犬や猫を捨てる人が後を絶たないということも聞きます。
その人たちは命を預かるということを簡単に考えているのでしょうか。
悲しいことです。

これから厳しい冬が来ます。
ここも雪に覆われ、来る人もいなくなります。
それまでにどこかで暮らせる場所ができてほしいです。
私は以前に犬を飼っていましたが、
今は夫婦で働いているため世話ができきません。
安易に飼いたくならないようにペット不可の所に引っ越しました。

無責任な言い方ですが、
どなたか、そっと連れ去り可愛がってくださる方はいないでしょうか・・・


↓ポチッてくださると、とっても嬉しいです♪

にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

2010年11月24日 (水)

2度目の遭遇♪

いつもの川は、今日はまた一段と鳥の姿が見えません(ーー;)
20分くらいブラブラ歩いてようやくマガモの姿が4羽ほど・・・
カラスが増えてきました。
今日はパッと見えるだけで20羽以上います(+_+)

まあ、そんな日もあるさと、昼休みが終わっちゃうので戻り始めました。
すると、私を見つめる視線が・・・

Img_4706a

あらっ♪ 先月の初旬に見かけたニャンコです(^_^)/
じーっと見られています^_^;
帰り道なんだよね~ って近づいても逃げずにジーッと^_^;

Img_4711a

更に近づくと、さすがに逃げました(^o^)

Img_4712a

土手を登り、どこへ帰るのかな~

Img_4715a

私も土手の階段を登って帰ろうと思ったら
ハクセキレイの幼鳥がいました(*^_^*)

Img_4718a

うーん、カラ類の皆さんはどこへ行ったのかなぁ^_^;

2010年11月 5日 (金)

『ど・』 ダッシュ!!

昼前にはお日様が出ていたのですが
お昼休みには、厚い雲に覆われてしまいました(T_T)

まあ、それでも行きましょうと、いつもの川へ♪

シーンとしています・・・・

とぼとぼ10分ほど歩いていくと、ようやく鳥の声が(^o^)
ツグミの群れです♪
ようやく新川にツグミが帰ってきました\(^o^)/
20羽ほどのツグミが忙しく飛び回っていました。

Img_2542a

ツグミを撮っていると、トコトコ歩いている方が・・・・
おおっ? と入っていった茂みを覗き込むと
黒にゃんこ(*^_^*)
とりあえず記念写真をと、パシャパシャと(^_^)/

Img_2535a

逃げずに撮らせてくれます♪
数枚撮って、どこから来たかと聞こうと思って、
『ど・』 と言った瞬間にダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ
・・・・え?・・・・・
写真は撮らせてくれたのですが、
逃げるタイミングを計っていたのでしょうか^_^;

2010年10月 8日 (金)

はじめまして(*^_^*)

お昼休みに鳥見に行くと
よくお会いする人たちがいます。
鳥見をする人3人。
ジョギングする人2人。
キャッチボールをする人2人。
サイクリングをする人2人。  
合計9人方々はすっかり顔見知りです(^_^)/

今日歩いていると遠くにこちらに向かう影が・・・
誰じゃ・・・?

Img_9692a

おろっ!? ニャンコじゃぁないですか♪
初めてお会いしましたね(^O^)

のんびり散歩をしているようです♪
見ていると、私に気が付くことなく土手に上り始めました^^;

Img_9705a

あっ!ようやく私に見られていることに気が付いたようです(*^_^*)

Img_9707a

変な奴に見られているから帰ろうと思ったのか
のそのそと土手を登っていきました(^_^)/~
近所のニャンコなのかなぁ・・・?

今日は、鳥の声はたくさん聞こえていましたが
結局、会えませんでした(+_+)
まあ、そんな日もありますよね♪

おまけ。
久しぶりに殿様バッタを見ました(^_^)/

Img_9719a

2010年7月25日 (日)

色々逢えました♪

数日前の天気予報からは考えられないくらいの快晴です(^◇^)
それも爽やかな風が吹き、北海道らしい天気になりました♪

朝から、ダッシュでシギチ探しに出かけました。
まず最初に逢えたのはイソシギ♪

Img_5313a

近くにはカワセミもいました。しかし遠い(+_+)
周りではニュウナイスズメがわんさか囀っていました。
そして次はコチドリ♪

Img_5388a

なんともラブリーです(*^_^*)
その上、笛のような綺麗な声ですね♪
次はトウネン♪

Img_5507a

シロチドリかなと思いましたが、どうやら違う!
くー、難しいです(+_+)
誰だ君は?

Img_5530a

こちらはコチドリの幼鳥♪
図鑑とにらめっこしてハジロコチドリかと思いましたが
ハマーさんの言うとおり幼鳥のほうがぴったりしますね(*^_^*)

Img_6167a

チドリ、シギチ類も判別が難しいですね(@_@;)
間違ってたらごめんなさい <(_ _)>
全て初見です♪
昨年から見たい見たいと思っていましたが、
ようやく逢えました\(^o^)/
嬉しいです♪

おまけ。
通りすがりにベニマシコに逢えました♪
証拠写真程度ですが、これまた嬉しいです♪

Img_5976a

おまけのおまけ。
茨戸のにゃんこ、今日もいました。
ステーキ屋さんの前をのーんびり歩いていました。
ここのにゃんこなのかなぁ?

Img_6069a

みんなであーだこーだとおしゃべりしながらの楽しい鳥見の一日でした♪

2010年7月12日 (月)

初夏の五戸の森

日曜日の五戸の森。
ちょっと見ないうちに、さらに木々が茂っていました。
森に入るとすぐに、『ケッ!ケッ!ケッ!』とアカゲラの声が♪
ハマーさんとSimcoさんのブログで子育てが忙しく
やつれた姿がアップされていましたので心配しながらキョロキョロ探すと
いました(^◇^)

Img_3642a

子育てが終わり、ずいぶんと色艶が戻っているみたいです\(^o^)/
父ちゃん、ご苦労様~(^_^)/
観ていると、後ろでも『ケッ!ケッ!』と、
さらに横からも『ケッ!ケッ!』と聞こえてきます(^◇^)
どうやら母ちゃんも子供も元気に飛び回っているみたいでした。
良かったなぁと思いつつも、ヒナは1羽だったのでしょうか?
他にもいたのかなぁ・・・?私には3羽しか確認できませんでした。

森の3箇所でクロツグミの美しい声が響いていました♪
こちらも子育てが終了したのでしょうか。
暗い森の中でなかなか見つけられませんでしたが
1羽だけ暗いながらも撮ることができました(*^_^*)

Img_3675a

たくさん子育てをしていたアオサギの皆さんもほとんどいなくなりました。
みんな元気に旅立ったのかな(^◇^)

おまけ。
クロツグミの声に誘われ森をウロウロしていると何やら視線が・・・
ありゃ、柱から顔半分だしたにゃんこが・・・ (@_@;)

Img_3655a

君は涼みに来ていたのですか?

2010年7月11日 (日)

久々の鳥見じゃーーー♪

4日ほど仕事もプライベートも忙しく鳥見に行けませんでした(T_T)
今日は野幌、屯田、茨戸、篠路と朝から夕方まで思いっきり周って来ました(^◇^)

午前中は北海道野鳥愛護会の探鳥会で野幌森林公園。
遠くで証拠写真しか撮れませんでしたが、
クロツグミ、キビタキなどが綺麗な声で張り合って唄っていました♪

また、大沢の池ではカイツブリの幼鳥が4羽遊んでいました。

Img_3540a

みんなで観ていたら、親鳥が
『変なおじさん達がいっぱい来たから気をつけなさい!』って、やってきました^^;

Img_3547a

子供たちがずいぶんと大きくなっても、ちゃんと守っているのですね♪

茨戸の砂利道の脇ににゃんこがのんびり歩いていました(^_^)/

Img_3577a

おーい!って声を掛けたら、
『ん~?』って振り向いてくれました。

Img_3579a

しかし、
『ふっ、あんたにかまっている暇は無いぜ!』って行ってしまいました(+_+)

Img_3580a

野良くんなのでしょうかねぇ?

おまけ。
道端の亀。30cmほどありました。
けっこう車が通り、危ないので川に強制送還しました^^;

Img_3636a

その他のカテゴリー

おすすめサイト ふくろう アオアシシギ アオサギ アオシギ アオジ アオダイショウ アオバト アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカハラ アカモズ アサグマダラ アジサシ アトリ アマツバメ アメリカウズラシギ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ イタチ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカガエル エゾシカ エゾシマリス エゾセンニュウ エゾビタキ エゾムシクイ エゾヤチネズミ エゾリス エトピリカ エリマキシギ オオアカゲラ オオカワラヒワ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオマシコ オオムシクイ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロワシ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラシラサギ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジバト キセキレイ キタキツネ キバシリ キビタキ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンザンマシコ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロガモ クロジ クロツグミ ケアシノスリ ケイマフリ コアオアシシギ コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コクガン コクマルカラス コケワタガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴマフアザラシ サルハマシギ シジュウカラ シジュウカラガン シノリガモ シマアオジ シマアジ シマエナガ シメ ショウドウツバメ シロカモメ シロチドリ シロハヤブサ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ セイタカシギ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タンチョウ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ ツツドリ ツバメ ツミ ツメナガセキレイ ツメナガホオジロ ツルシギ トウネン トビ トラツグミ ナキイスカ ナキウサギ ニホンカナヘビ ニュウナイスズメ ネズミ ノゴマ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハト ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメウ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ ヘラシギ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ マガモ マガン マヒワ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミシシッピアカミミガメ ミソサザイ ミツユビカモメ ミミカイツブリ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ミンク ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤギ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨーロッパフラミンゴ ルリビタキ ワシカモメ 不明 交配種 動物 撮影機材 日記・コラム・つぶやき 昆虫 映画・テレビ 書籍・雑誌 植物 野鳥 金魚 風景

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ