ミシシッピアカミミガメ

2012年5月18日 (金)

亀てんこ盛り♪

天気が良いと、MFの川にはこの方たちが現れます(^_^)/

Img_0245a

ミシシッピアカミミガメ、通称ミドリガメ♪
甲羅干しのため、グターと伸びて川淵に現れます^^;

きっとまだいるだろうなぁ~と探すとけっこう近くに数匹(゚д゚)!

Img_0248a

うははは♪ てんこ盛り状態です(*^_^*)

いったい何匹いるのかなぁ~と角度を変えて見てみますと・・・

Img_0258a

なんと5匹いました(^O^)

この亀も外来種なのですよね・・・
なのに、この川だけでなく色んなところで見かけます。
ここにはいったい何匹いるのでしょうかねぇ・・・┐(´д`)┌

2011年5月18日 (水)

カメも出てきたのに、ツグミがまったり♪

気温が上がってきましたね~\(^o^)/
陽気に誘われカメが甲羅干しをしていました♪

Img_8484a

足をビヨンと伸ばして寛いでいます(^o^)
あらら、5mくらい離れた所にも・・・

Img_8488a

この川っていったい何匹のカメがいるのでしょうねぇ^_^;

すっかり春じゃあと思って歩いていたら
まったりしているツグミが(゚д゚)!

Img_8495a

えっ!? まだいたんですか・・・(*^_^*)
ツグミ科の仲間は色々来ていますが、君はもう渡るはずでは?

今日はオオルリもキビタキも姿は見えません。
ちょいと寂しいなぁと思っていたら
コサメビタキが来てくれました\(^o^)/

Img_8517a

アリスイの声は聞こえていますし、アカハラもいるようです。
それにバンの姿もありました。
オオヨシキリは忙しなく移動しています。
そういえば、ボズ夫くんの姿がみえないなぁ・・・


↓ポチッてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

2011年4月 6日 (水)

三つ巴戦♪ ノスリとカラスと???

一昨日のことです(^_^)/
お昼休みに川へ向い堤防に立つと
上空を3羽の鳥が空中戦をしていました(゚д゚)!

1羽はカラス、1羽は猛禽。
そしてな~んか小さい鳥も空中戦に参加しています^^;

Img_2726a

Img_2729a

猛禽はノスリでした。さて小さい鳥はなんだったんでしょうかねぇ???
もつれ合いながら遠くに行ってしまいました(@_@;)

おまけ。ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)も冬眠から目覚めたようです(*^_^*)

Img_2734a


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

2010年8月21日 (土)

ミミズの日干しと足ダラ~ン♪

暑くて倒れるかな~(@_@;) と、思いつつ川へ行ってきました(^_^)/
鳥はぜーんぜん見えません(T_T)
でも、居ることには居るのですよ。
茂みがガサガサ揺れたり、
『チッチッチッチ♪』と茂みの陰から声が聞こえます(^u^)

そんな中、ぶらぶら歩いているとコンクリートの遊歩道に
たくさんのミミズの日干しが・・・(ーー;)

Img_9938a

草が刈られて出てきて、コンクリートの熱さにやられたんでしょうね(T_T)
100や200では済まないくらいの数です。
でもこれだけのミミズがいるということからも
鳥の皆さんのお食事が豊富にあるということなのでしょう (^o^)

橋の上から『誰かいませんか~(^◇^)』と、探してもだーれもいません(ーー;)
ん!? 草の上に・・・  カメがいました♪

Img_9942a

甲羅干しをしているのでしょうが、おいおい足がだらしないですよ(^◇^)

2010年7月11日 (日)

久々の鳥見じゃーーー♪

4日ほど仕事もプライベートも忙しく鳥見に行けませんでした(T_T)
今日は野幌、屯田、茨戸、篠路と朝から夕方まで思いっきり周って来ました(^◇^)

午前中は北海道野鳥愛護会の探鳥会で野幌森林公園。
遠くで証拠写真しか撮れませんでしたが、
クロツグミ、キビタキなどが綺麗な声で張り合って唄っていました♪

また、大沢の池ではカイツブリの幼鳥が4羽遊んでいました。

Img_3540a

みんなで観ていたら、親鳥が
『変なおじさん達がいっぱい来たから気をつけなさい!』って、やってきました^^;

Img_3547a

子供たちがずいぶんと大きくなっても、ちゃんと守っているのですね♪

茨戸の砂利道の脇ににゃんこがのんびり歩いていました(^_^)/

Img_3577a

おーい!って声を掛けたら、
『ん~?』って振り向いてくれました。

Img_3579a

しかし、
『ふっ、あんたにかまっている暇は無いぜ!』って行ってしまいました(+_+)

Img_3580a

野良くんなのでしょうかねぇ?

おまけ。
道端の亀。30cmほどありました。
けっこう車が通り、危ないので川に強制送還しました^^;

Img_3636a

2010年7月 7日 (水)

やっぱりカメ、どこでも亀!

日曜日の錦大沼でもミシシッピアカミミガメがいました。
それも2匹並んで(@_@;)

Img_3143b

『あんた!どけなさいよ!!』
『やめてよ~、押さないでよ~』
と言っているみたいで可笑しかったです^^;

別のところでもやっぱりカメ。

Img_3231b

もう、池、沼、湖、川、どこでも居ますねぇ。
この亀くんたちの適応能力の高さは凄いですね。

2010年7月 1日 (木)

新川の亀

先週の快晴続きから一変、どんよりとした日になっちゃいました。
うーー、鳥見に行きたい(T_T)

新川には野鳥以外の動物ではミンクと亀がいます。
ミシシッピアカミミガメ、通称ミドリガメ。
私が歩くエリアだけでも最低7匹はいるはずです。
今は川の水が多いので、あまり見つけられません。
それでも何回かは甲羅干ししている姿を見かけました。

Img_0891a

8月くらいになり水位が下がり浅瀬ができると
もっと見かけることができるでしょう。
今更ながら、冬はやっぱり冬眠しているのでしょうね。
ミシシッピから連れて来られた亀は
まさか子孫が新川に棲むことになるとは
これっぽちも思ってはいなかったでしょうね(@_@;)

2010年5月17日 (月)

カメーーーー♪

先月には、『もう出ているよ♪』って、聞いてはいましたが
私は今年初見のミシシッピアカミミガメと逢えました♪
無事、冬を乗り越えたようです (^_^)/

Img_6677a

このカメ、やっぱり外来種なんですけど、健気にのんびり生きているみたいですし
まあ、増えすぎない限りはいいじゃないのかなぁ・・・と思うのですが、
やっぱり何か問題があるのかなぁ?

ようやくアカハラをまともに撮れました(^_^)/

Img_6671a

周りにあるものは実はゴミです(T_T)
冷蔵庫とかでかいものから、吸殻など小さいものまで
わざわざここまで捨てていく馬鹿者が後を絶ちません。
毎週月曜日の営業前にうちの会社で川岸のゴミ拾いを
少しだけやっていますが、川の中までは拾えません。
川を汚すということは、自分達の首を絞めることだと
なぜ判らないのでしょうかねぇ・・・悲しいことです(T_T)

2009年10月28日 (水)

新川に住む生き物

札幌の中心から西に石狩湾に向かう川、新川。
会社のそばにあるためお昼休みに毎日のように
カメラを持ってぶらぶらしています。
住宅街と工業団地の間に流れているこの川には
意外と野生の生き物が居ます。
まずは鯉。黒いのやら錦鯉やら
橋から眺めるだけで常に5匹以上は見つけられます。

090730a

次に天気の良い日に見つけられるのが、亀。
ミシシッピアカミミガメ通称ミドリガメ。
30cmはあろうかというミドリガメが何匹もいます。

090825a

そしてびっくりしたのがミンク!
最初は黒テンかと思ったのですが、
どうやらミンクのようです。
どこからか逃げてきたんでしょうか?
聞くところによると、子供もいたそうなので繁殖しているようです。

Imgp0677l

その他のカテゴリー

おすすめサイト ふくろう アオアシシギ アオサギ アオシギ アオジ アオダイショウ アオバト アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカハラ アカモズ アサグマダラ アジサシ アトリ アマツバメ アメリカウズラシギ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ イタチ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカガエル エゾシカ エゾシマリス エゾセンニュウ エゾビタキ エゾムシクイ エゾヤチネズミ エゾリス エトピリカ エリマキシギ オオアカゲラ オオカワラヒワ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオマシコ オオムシクイ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロワシ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラシラサギ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジバト キセキレイ キタキツネ キバシリ キビタキ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンザンマシコ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロガモ クロジ クロツグミ ケアシノスリ ケイマフリ コアオアシシギ コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コクガン コクマルカラス コケワタガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴマフアザラシ サルハマシギ シジュウカラ シジュウカラガン シノリガモ シマアオジ シマアジ シマエナガ シメ ショウドウツバメ シロカモメ シロチドリ シロハヤブサ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ セイタカシギ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タンチョウ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ ツツドリ ツバメ ツミ ツメナガセキレイ ツメナガホオジロ ツルシギ トウネン トビ トラツグミ ナキイスカ ナキウサギ ニホンカナヘビ ニュウナイスズメ ネズミ ノゴマ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハト ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメウ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ ヘラシギ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ マガモ マガン マヒワ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミシシッピアカミミガメ ミソサザイ ミツユビカモメ ミミカイツブリ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ミンク ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤギ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨーロッパフラミンゴ ルリビタキ ワシカモメ 不明 交配種 動物 撮影機材 日記・コラム・つぶやき 昆虫 映画・テレビ 書籍・雑誌 植物 野鳥 金魚 風景

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ