オオタカ

2013年9月24日 (火)

タカの渡り2013 その3

タカの渡りの遠征最後は残りの証拠写真です^^;

オオタカの幼鳥も離れてはいましたが、
旋回してくれました(^◇^)

Img_5154a

別のオオタカの幼鳥もギュイーーン♪

Img_5421a

見慣れてはいますが、
なかなか格好良かったトビさん(^_^)/

Img_5443a

最も多く、飛びまくりだったアマツバメ♪

Img_5074a

たくさん飛んではいますが、撮るのは至難の業┐(´д`)┌

とりあえず群れの辺りをパシャパシャと撮っておきました^^;

Img_5377a

渡りをする蝶、アサギマダラも何度か見かけました(*^_^*)

アサギマダラも前日はた~くさんいたそうです(ーー;)

前日の話を聞くと残念でしたが、
楽しかったです♪

10月にもう1回行きたいのですが、
行けるかなぁ・・・=^_^=

2012年3月25日 (日)

オオタカ動かず^^;

まだ先週の鳥見の続きです^^;

朝初っ端に行った沼の駐車場に車を停め、
様子を伺うと、まだ時間が早すぎたのか
あまり鳥たちは集まってきていませんでした。
しかし、ちょうど出勤時間だったのか
オオハクチョウやヒシクイが少しずつ飛んで来ました(*^_^*)

パッとしないねぇ~と、少し移動して沼を見ると・・・
おっ!! ミコアイサのツガイがいました=^_^=

Img_0439a

すぐそばをヒシクイが通り過ぎていきます♪

Img_0444a

他には何かいないかとキョロキョロしていたら
鳥友がオオタカを見つけました\(^o^)/

Img_0456a

どうもオオタカはミコアイサを見ているような気もするのですが
襲う気配はありません。
みんなで長いこと見ていましたが
ずーっと木に留ったまま動きません^^;
もっとカモの数が増えてから
狩りをするつもりなのでしょうか??

後1回、続きをアップします(^O^)

2011年2月19日 (土)

冬は来るのですねぇ♪ オオタカ

午前中は天気が良かったのに、お昼には小雪がチラホラと・・・(+_+)
それでもマイフィールドの新川に久しぶりに行って見ました♪

遊歩道に足跡が見えていて、きっとお師匠さんが歩いたのだろうと思いました(^o^)

歩き始めてすぐに、カイツブリを発見(^_^)/

Img_8783a

ここでは、あまり見かけないのですが、来ていたんですね~♪

どこかでミソサザイの声は聞こえますが、姿は見えず・・・(+_+)
あまり鳥の姿は見えず、半ば諦めつつトボトボ歩いていたら
ザザッーと飛び立つ音(゚д゚)!
向こう岸の木の枝に止まりました。
おおっ!? 今のは猛禽では!? と、カメラを覗くと・・・・
枝の中にオオタカ・・・?

Img_8786a

うひゃ~、枝の中で見づらいなぁ・・・それに遠いし、
動いてくれないかな~と見ていたら
少しだけ移動・・・・┐(´д`)┌

Img_8798a

もう少しお願い<(_ _)> と願ったら、また飛びました♪

Img_8840a

今度は見やすいのですが、後ろ向きですか・・・(ーー;)
その後、まったりと動きません^_^;

まあ、思いがけず、ここでは1年ぶりのオオタカ。
30分の鳥見なので、効率は良いですし結果オーライでしょう(^_^)/
さあて、明日はどこに行こう!!


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

2010年11月13日 (土)

なかよし♪

今日はお休み♪
期待していなかったのですが、朝起きると快晴\(◎o◎)/!
あたふた準備をして鳥見にGo ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

迷いましたが、まずは野幌に行きました♪
森に入ったらすぐ、上空に猛禽が2羽\(^o^)/

Img_3056a

いまひとつはっきりしない写真なのですが、
ヌーさんにも教えてもらい、オオタカとハイタカと言う事にします(^_^)/
飛んでいる途中、じゃれている様に見えたのですが、
ハイタカがオオタカに
『お前に食べられるもんかーー!!あっちに行けーー!!』って
言っていたのではないかと思ったりしています(^o^)丿

ふくろうさんはどうかなぁと見に行くと、
ご夫婦でいらっしゃいました\(◎o◎)/!

Img_3138a

まだ、就寝前なのか、あっちを見たり、こっちを見たり♪
そして、お互いに毛を繕いあったり、とってもなかよしです(*^_^*)

Img_3152a

1羽がだんだんと眠くなったようです。

Img_3205a

2羽でホケーっとしています♪
見てるとこちらもホケーってなってしまいます(*^_^*)

Img_3214a

そして、とうとう熟睡に入ったようです。
ところでどっちがオスでどっちがメスなんでしょう^^;

Img_3260a

15分ほどでしたが、ずいぶんと撮らせてもらったので
『おやすみーー』とつぶやいて私は退散しました。
今日も10人ほど来ていましたが、みーんな静かに撮影していました(^_^)v

2010年10月13日 (水)

2010年タカの渡り 他の猛禽編

11日の続きです♪
室蘭にはいくつか『タカの渡り』を観るポイントがあるのですが、
勝手がわからずウロウロしてしまいました^_^;

測量山にも登り見渡していると、
ギュイーン!!とハヤブサが飛んできて
私の頭の上の鉄塔に止まり
『獲物はどこじゃ~!』 と、見渡し始めました(^_^)/

Img_9922a

Img_9994a

小鳥たちも渡る為、いっぱい集まっています。
ハヤブサにとっては
『獲物がたくさんやってきたぞ~♪』 ってなところなんでしょう ^_^;

さて、この日はノスリがとっても多く、野鳥の会室蘭支部のHPでは
ノスリは50羽±という記事が載っていました。
ノスリ以外は、まずこちら
胸が茶色い縦じま、尾羽は濃い横じま・・・誰じゃ!? と悩みましたが
ネットで色々調べるとどうやらオオタカの幼鳥だと思います\(^o^)/

Img_0385a

パタパタと飛んでいたかと思うと、
ギュイーンとスピードを上げたりしています(^o^)

Img_0412a

次は、小さい上に遠くて、証拠写真ですが、
ツミだと思います(^_^)/
羽はオオタカと似ていますが、胸は淡いオレンジ色。目が赤。
大丈夫でしょう (*^_^*)

Img_0446a

さーて、次からが判別がとっても悩ましいのですが、
まずオオタカとハイタカ (^O^)/

Img_0477a

Img_0486a

大きさが違うのですが、上空ではカラスでも近くに来てくれない限り判りません。
顔の白い線が違うのですが、それも判りません(>_<)
下から見た写真の判別となりますが、
上のオオタカはがっしりとした体格で、尾羽の付け根も太めで
尾羽の先が丸っこい形・・・
下のハイタカはオオタカよりスマートで尾羽が長く見え、
尾羽の先が角ばっている・・・
そんなこんなで上がオオタカ、下がハイタカだと思います(^_^)/
どうですかね・・・^_^;

もっと判らないのがこちら

Img_0551a

Img_0628a

ノスリのようなのですが、白っぽく尾羽の先に黒い横じまがあります。
頭はノスリは黒っぽいのですが、こちらは白っぽい。
ということでケアシノスリだと思うのですよ・・・
でも、野鳥の会室蘭支部のHPではケアシノスリがいたとは載っていないのです(+_+)
うーん・・・どうなのかな~
昨日アップした下から2番目の写真もケアシノスリかもしれません。
もっと判別しやすいように撮れていたらよかったのですが(>_<)

滞在したのは約4時間。
こんなに一度に猛禽類を観られちゃうのですからねぇ♪
必ず来年も行かなくては!! と、思っちゃいました(*^_^*)

みんな無事渡って、来年また元気に帰っておいでよーーー!!!

2009年12月14日 (月)

オオタカの若様??

午前中から雪がチラホラ降っていましたが、お昼は太陽が現れてくれました。
しかし、寒くて新川の川沿いはシーンとしています。
最近カモの皆さんが木々の間で体を寄せ合って寒さをしのいでいる場所があります。
カモの皆さんに挨拶して帰ろうかと行ってみると、だーれもいない・・・・orz
・・・ん!?なんかいる!アタフタと1枚。

Img_4874a

おおーー猛禽類!!それもワイルドなトビさんとは違って毛並みがいい。
写真を撮らなければ!! と、ファインダーを覗くと、
ほへー!目が合っちゃいました。というか睨んでいる・・・(+_+)

Img_4876a

大きさはカラスぐらいであまり大きくないのですが迫力があります。
『ご・ごめんなさい、なんかしようというわけではありません』 と、呟きながら
オオタカさんの後ろ側へ少々移動してもう1枚。

Img_4888a

5mくらいの距離でしたが、逃げる気配はなく堂々としていました。
警戒心が薄いことからも若様でしょうか?
猛禽類では最も近い遭遇でした。
冬の鳥見も楽しいですね♪

追加)
ところで、この鳥さん本当にオオタカさんでいいのかな?
オオタカさんって絶滅危惧Ⅱ類のようですね。
自信がない・・・orz

その他のカテゴリー

おすすめサイト ふくろう アオアシシギ アオサギ アオシギ アオジ アオダイショウ アオバト アカアシシギ アカウソ アカエリカイツブリ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカハラ アカモズ アサグマダラ アジサシ アトリ アマツバメ アメリカウズラシギ アメリカコハクチョウ アメリカヒドリ アリスイ イカル イスカ イソシギ イソヒヨドリ イタチ イワツバメ ウグイス ウズラシギ ウソ ウトウ ウミアイサ ウミウ ウミスズメ ウミネコ エゾアカガエル エゾシカ エゾシマリス エゾセンニュウ エゾビタキ エゾムシクイ エゾヤチネズミ エゾリス エトピリカ エリマキシギ オオアカゲラ オオカワラヒワ オオジシギ オオジュリン オオセグロカモメ オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハシシギ オオハム オオバン オオマシコ オオムシクイ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オグロシギ オシドリ オジロトウネン オジロワシ オナガガモ オバシギ カイツブリ カケス カササギ カシラダカ カッコウ カナダヅル カモメ カヤクグリ カラシラサギ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キアシシギ キクイタダキ キジバト キセキレイ キタキツネ キバシリ キビタキ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンクロハジロ ギンザンマシコ クイナ クサシギ クマゲラ クマタカ クロガモ クロジ クロツグミ ケアシノスリ ケイマフリ コアオアシシギ コウライキジ コオバシギ コオリガモ コガモ コクガン コクマルカラス コケワタガモ コゲラ コサギ コサメビタキ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ゴマフアザラシ サルハマシギ シジュウカラ シジュウカラガン シノリガモ シマアオジ シマアジ シマエナガ シメ ショウドウツバメ シロカモメ シロチドリ シロハヤブサ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ セイタカシギ セグロセキレイ センダイムシクイ ソリハシシギ タカブシギ タゲリ タシギ タヒバリ タンチョウ ダイサギ ダイゼン チゴハヤブサ チュウサギ チュウシャクシギ チュウヒ チョウゲンボウ ツグミ ツツドリ ツバメ ツミ ツメナガセキレイ ツメナガホオジロ ツルシギ トウネン トビ トラツグミ ナキイスカ ナキウサギ ニホンカナヘビ ニュウナイスズメ ネズミ ノゴマ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイイロミズナギドリ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハシブトガラ ハシブトガラス ハシボソミズナギドリ ハジロカイツブリ ハジロクロハラアジサシ ハジロコチドリ ハチクマ ハチジョウツグミ ハト ハマシギ ハヤブサ バン ヒガラ ヒシクイ ヒドリガモ ヒバリ ヒバリシギ ヒメウ ヒヨドリ ヒレンジャク ビロードキンクロ ビンズイ ヘラシギ ベニヒワ ベニマシコ ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ マガモ マガン マヒワ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミシシッピアカミミガメ ミソサザイ ミツユビカモメ ミミカイツブリ ミヤコドリ ミヤマカケス ミヤマガラス ミヤマホオジロ ミユビシギ ミンク ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤギ ヤツガシラ ヤブサメ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマセミ ユキホオジロ ユリカモメ ヨシガモ ヨーロッパフラミンゴ ルリビタキ ワシカモメ 不明 交配種 動物 撮影機材 日記・コラム・つぶやき 昆虫 映画・テレビ 書籍・雑誌 植物 野鳥 金魚 風景

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ